6月パーソナルカラー診断勉強会の様子

こんにちは!
大阪 阪急十三駅近くでパーソナルカラー診断とヘアメイクレッスンをしています、赤塚里奈です。

今日は卒業したスクールのパーソナルカラー勉強会でした。

診断中のわたしw

今日は全員初めましての方ばかりで、おまけにトップバッターで診断することになりとっても緊張しました(笑)

先生やベテランのアナリストさんたちに囲まれての診断はいつも以上にドキドキしますw

今日の勉強会で学んだことはこんなことでした

  • パーソナルカラーは一時的に変化する(変化しているように見える)ことがある
  • 理論上は似合わないはずの色が似合って見える場合がある

まずは一つ目の、

パーソナルカラーは一時的に変化する(変化しているように見える)ことがある

について。

今回の勉強会では私を含め5人のアナリストさん同士で診断し合いをしたのですが、
そのうちの1人の方がこちらに当てはまる方でした。

元々はスプリングタイプなのですが、今一時的にお肌の調子が悪く、本来のスプリングタイプさんの持つ肌のツヤ感が少し隠れてマットになっていて、清色や高明度の色が少し浮いてしまう状態になっていました。

なので、診断がとっても難しかった(>_<)

(濁色が似合うオータム・サマータイプの方は肌質がマットな方が多く、清色を当てると色がピカピカと悪目立ちして派手に見えてしまうんです)

先生によると、今の状態ではオータムタイプのカラーも似合っているように見えるけれども、

  • やっぱりもともとがスプリングの方なので、オータムの色(中〜低明度の濃い色)を当てると肌の赤みが目立ってお肌の荒れた部分がより目立ってしまう(濃い色を当てると肌色も濃くなるため)
  • 少し浮いて見えても、本来似合う高明度な色を当てて顔色を明るくした方が肌がキレイに見えやすい(いわゆるレフ板効果)

といった解説でした!

そんなの誰でも一緒じゃない?と思ってしまいますが、
肌色が濃くなって赤みが目立つ→低明度が似合うオータムさんであれば色が濃くなることで立体感が出る

レフ板効果で肌が明るくキレイに見える→高明度が苦手なオータムさんだと本来の良さの影・立体感が飛んで平面的な印象になってさみしくなる

など、同じ効果でも見え方が全然変わって来るんです

なので、この方の場合はパーソナルカラーが変わって見えただけで、やっぱりスプリングカラーがお似合いになるんですね。

ただ、今の状態では少しカラーの選び方にポイントがあるので、もしカラー診断にこのようなお客様がこられた場合はしっかりとフォローさせて頂きます!

そこがアナリストの腕の見せ所ですね(笑)

次に二つ目が、

理論上は似合わないはずの色が似合って見える場合がある

について♡

パーソナルカラーの4タイプは三属性(色相・明度・彩度)と呼ばれる特徴で分けられていて、それぞれの三属性に当てはまるものが似合う色になります。

例えばウィンタータイプの場合、色相はブルーアンダートーン(青みの冷たい色)で、明度は高明度のアイシーカラーか低明度のダークカラー、彩度は高彩度のヴィヴィッドカラーが似合います。

そのため、ここに当てはまらないイエローアンダートーンカラーと濁色が苦手です。

ところが、ウィンタータイプなのに濁色が似合ってしまう方がいらっしゃるんです!

そんな方の特徴は、

とにかく肌が白い!透明感がある!

本来ウィンタータイプの方であればお顔がくすんで見えてしまう濁色を当てても、色に負けないぐらいの輝くような透明感があるんですね。

なんと羨ましいw

こんな方はウィンタータイプの鮮やかな色も肌とのコントラストでより鮮やかになり、もちろんお似合いになりますが、少しグレイッシュな濁色を着ると優しい穏やかな印象になります。

このウィンタータイプだけど濁色が着れるタイプの方は、芸能人で言うと中谷美紀さんや、蒼井優さんになります。

もんのすごい透明感ありますよね!

そしてもう一つ、ウィンタータイプなのにイエローアンダートーンのカラーが似合ってしまう(似合っているように見えてしまう)方もいます!

それは……私♡笑

芸能人だと……だれだろう…←

なぜ本来ブルーアンダートーンなのにイエローアンダートーンも似合ってしまう(似合っているように見えてしまう)のかというと、私の場合は

  • どちらかというと色白
  • もともと肌の色か黄味より(オークル)
  • 限りなくスプリングタイプに近いウィンタータイプ
  • 茶髪にしている
  • ヘアメイクで化けてる←

というのが要因ではないかと(by先生分析w)

まず色白だと、肌色の濃い人より周りの色の影響を受けやすいので、着る服の色や髪色によって肌の色が変わって見えるということと、

もともと黄味よりの肌色なので、茶髪にしても違和感がない(本来ウィンタータイプの方は黒髪が一番似合います)ため、少しの工夫でどちらのタイプにも寄せることが出来るんですね!

なので、私は気分によってスプリングタイプ風にしたり、ウィンタータイプ風にしたり、ヘアメイクとカラー選びで毎日遊んでいます(笑)

これは少しスプリング要素を持っているウィンタータイプど真ん中ではない私だからこそできるイメージ作りです♡

同じウィンタータイプでも、ウィンタータイプど真ん中の人もいれば、私みたいに別のタイプの要素を持っている方もいて、一筋縄ではいかないところがパーソナルカラーの楽しいところだなぁと思います。

自分の特徴がわかると色んな料理(?w)の仕方がわかって本当に楽しい♡

こんなふうに、その人それぞれに合わせたなりたいイメージの作り方やイメージの変え方を、
パーソナルカラー診断、メイクレッスンやイメージコンサルティングで伝えて行きたいなぁと思っています。

少しでもご興味のある方は、まずはパーソナルカラー診断だけでもぜひぜひお試しください♡

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です